【ウボンゴ3D】とは?やり方や他シリーズとの違いをリサーチ!

おもちゃ

「モヤさま」や「ガキつか」などのテレビ番組でもやっていたボードゲーム「ウボンゴ」。

そんなゲームがさらに難しく、頭を使うようになった立体バージョンの「ウボンゴ3-D 」!

今回はこの世界でも大人気のボードゲーム「ウボンゴ3-D 」をリサーチしたいとおもいます。

ウボンゴ(Ubongo)3-Dとは?

ウボンゴとは、世界で数多くのゲーム賞を受賞した、パズルボードのマスをパズルタイルで埋める速さを競うドイツのパズルゲームです。

そんな世界的に大人気なボードゲームが立体ブロックになったものがウボンゴ(Ubongo)3-Dです。

ウボンゴの意味とは?

パズルが完成したときに叫ぶ「ウボンゴ」!

面白い響きですが、ウボンゴとはどういう意味なのでしょうか。

「ウボンゴ」とはスワヒリ語で「脳」という意味だそうです。

脳トレになるパズルゲームにボードゲームが合わさった新感覚のゲームにぴったりの名前ですね。

ゲームが終わるころには「ウボンゴ」が口癖になっているかもしれません(笑)

 

やり方(ルール)は?

①問題を決める

問題のボードを各プレイヤーの目の前に置きます。

10面ダイスを振って、ボードに書かれている該当の数字のピースを手元に揃えます。

②ゲームスタート

砂時計をひっくり返してみんなで一斉にスタートします。

指定のピースをすべて使って、2段の高さでボードの枠に完全に一致するように置けるとクリアです。

クリアできたら「ウボンゴ!」と叫びます。

③宝石を獲得

クリアした人は袋の中からランダムで1つ宝石をもらえます。

砂時計の砂が落ちきるまでに完成できないと、なにももらえません。

1番目にクリアした人ボーナスで青い宝石(3点)も1つ獲得できます。

2番目にクリアした人ボーナスでオレンジの宝石(1点)も1つ獲得できます。

☆勝利条件

問題ボードには動物の絵が9種類描かれていて、すべて違う絵を9枚1セットとしてプレイヤーに配られます。

それを上記の手順で9回行い、獲得できた宝石のポイントが一番多いプレイヤーが勝ちとなります。

 

お得な販売店は?

では、ウボンゴ3‐Dはどこで買うとお安く手に入るのでしょうか。

大手通販サイトのAmazon、楽天、Yahoo!で価格を比較してみました。

<最安価格>
Amazon⇒税込8,200円(送料無料)
・楽天⇒税込 10,912円(+送料580円)
・Yahoo!⇒税込 8,800円(送料無料)

記事作成時点では、Amazonが一番安いようです。

日本語訳の説明書が入っているものがよければ少し値段も上がってしまうようなので、ちゃんと入っているのか確認後の購入をよろしくお願いします。

ネットにやり方はいっぱい載っているのでなくても困らないとは思いますが・・。

※最安値は変動する可能性がありますので、購入される際は実際の販売ページでからご確認をお願い致します。


▼詳細はこちら

並行輸入品でも良い場合は、もっとお安く手に入れることができます♪↓

 

ウボンゴのスタンダード、ミニ、ジュニアの違いは?

ウボンゴの基本は「スタンダード」となります。

3-Dの立体ピースとはちがい、平面のピースでパズルを完成させます。
そのほかのルールは同じです。

ウボンゴミニとは?

ウボンゴミニは、手軽に持ち運べるサイズになったのと、ルールを簡略化したバージョンになっています。

宝石システムはなく、制限時間内にパズルが解けた人が、その問題カードを獲得します。
8ラウンドの後、最もカードを集めた人が勝ちとなるそうです。

ウボンゴジュニアとは?

ウボンゴジュニアは、スタンダードの平面ピースに動物の絵が描かれています。

スタンダード版のようにピースをひっくり返したりする必要がないので、そのままはめると完成します。

あとスタンダードでは問題ボードが3ピースはめるか4ピースはめるかなのですが、ジュニアだと2ピースか比較的簡単な3ピースとなっていて小さい子でもできるそうです。

大人には簡単すぎて物足りないそうですが・・。

ただ、スタンダードと一緒に遊ぶことができるので、大人はスタンダードの3ピース、子供はジュニアの2ピースでやると、大人は手加減なしの真剣勝負で5歳くらいの子といい勝負になるそう^^

 

まとめ

今回は頭の体操にもぴったりのボードゲーム「ウボンゴ3-D」を紹介しました。

図形問題が苦手なわたしと娘も挑戦して、脳トレをしたいと思います。

これからの寒い季節にお家でぬくぬくゲームをするのもいいですね♪

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました