【タニタ体組成計】RD-910とRD-911の違いは?

美容・健康

 

毎日の健康管理の一環として、体重や体脂肪率などを計測している人も多いですよね。

体重だけでなく、内臓脂肪レベルや筋肉量など詳しい体の状態を知りたい人にぴったりなのが、タニタの体組成計!

でも、タニタの商品は種類が多いため、どれを購入すればいいのか悩んでしまう人も…。

そこで今回は、タニタの体組成計RD-910とRD-91の違いについて調査してみました。

それぞれの特徴や違いを踏まえた上で、おすすめなのはどちらかについてもまとめてみたので、購入を検討している人はぜひ参考にしてみてくださいね。

 

タニタ体組成計RD-910とは?

タニタ体組成計PD-910は体重や体脂肪率だけでなく、筋肉量や筋肉点数も測定することができます。

\RD-910の詳細はこちら/

筋肉点数とは筋肉の質の良さを表しているため、自分の体の状態をより詳しく知りたいという人にぴったり!

専用のアプリとBluetooth通信を使えば、iPhoneやAndroidスマートフォンと連携してデータを確認することができるので、体重などの変化も把握しやすいですね。

健康管理のために体重などの測定をしていきたいという人は、ぜひタニタの体組成計RD-910を活用してみてくださいね。

 

<RD-910の商品情報>

・測定項目:体重(100g単位)、体脂肪率、BMI、内臓脂肪レベル、筋肉量、推定骨量、筋質点数、脈拍数
・データ登録人数:4人まで(ゲストモードあり)
・電池:単3形アルカリ乾電池 4本
・商品サイズ:幅328mm、高さ31mm、奥行298mm
・本体質量:約 2.1kg(乾電池含む)
・連携可能な機器:iPhone・Androidスマートフォン
・カラー展開:メタリックブラック、メタリックブルー、パールホワイト

 

RD-910とRD-911の違いは?

タニタの体組成計RD-910とRD-911は見た目もかなり似ているため、違いが分からないという人もいますよね。

RD-910とRD-911の大きな違いは、体重の測定単位と測定項目です。

 

<RD-911の商品情報>

・測定項目:体重(50g単位)、体脂肪率、BMI、内臓脂肪レベル、筋肉量、基礎代謝量、体内年齢、体水分量、推定骨量、筋質点数、脈拍数
・データ登録人数:4人まで(ゲストモードあり)
・電池:単3形アルカリ乾電池 4本
・商品サイズ:幅328mm、高さ32mm、奥行298mm
・本体質量:約 2.1kg(乾電池含む)
・連携可能な機器:iPhone・Androidスマートフォン
・カラー展開:メタリックブラック、グレイッシュゴールド、パールホワイト

 

先ほど説明したタニタの体組成計RD-910と比べると、RD-911は体重が50g単位の高精度測定になっているので、体重の変化をより詳しく把握することができます。

また、基礎代謝量、体内年齢、体水分量も測定項目に追加されており、健康のために自分の体の状態を知りたいという人にぴったりの体組成計になっています。

\RD-911の詳細はこちら/

どちらがおすすめ?

タニタの体組成計「RD-911」は、50g単位で体重を測定するほど精度が高い体組成計ですが、その分値段が高いというのがネックです

体組成計の購入・買い替えを検討している人の中には「体重などの基礎項目が測れればOK」という人も多いハズ!

精度の細かさよりも、体重や体脂肪率などの基礎項目を測定するのが目的であれば、タニタの体組成計RD-910がおすすめ!

測定項目はほとんど同じなので、体重だけでなく筋肉量や筋質点数なども測定することができます。

体組成計RD-911に比べて値段も安いため、毎日体重などを測定して健康管理に努めたいという人にはぴったりかと。

▼RD-910の詳細はこちら♪

 

ただし、基礎代謝量、体内年齢、体水分率を測定できるのはRD-911だけなので、より詳しい数値を知りたい人には物足りないと感じるかもしれません。

基礎代謝量などの数値も把握したい、体重の変化を細かく把握したいという人は、タニタの体組成計RD-911がおすすめです。

▼RD-911の詳細はこちら♪

 

2機種の価格は?

体重などの基礎項目だけでなく、筋肉量や筋質点数も測れるタニタの体組成計RD-910とRD-911は、大手通販サイトの楽天・Yahoo・Amazonでも販売されています。

それぞれの通販サイトの最安価格は以下の通りです。

 

<RD-910の最安価格>
楽天⇒税込15,176円(送料無料)
Yahoo⇒税込15,555円(送料無料)
Amazon⇒税込11,500円(送料無料)

 

<RD-911の最安価格>
楽天⇒税込17,606円(送料無料)
Yahoo⇒税込19,500円(送料950円)
Amazon⇒税込18,815円(送料631円)

 

記事作成の時点では、タニタの体組成計RD-910はAmazonでの販売価格が最も安く、RD-911は楽天での販売価格が最も安いという結果になりました。

ただし、大手通販サイトはセール開催やクーポン配布、ポイント付与などで商品価格が異なることもあるので注意が必要です。

タニタの体組成計をできるだけお得に購入したいという人は、各サイトのセールやクーポンなどの情報を確認してから買うようにしましょう!

 

\販売サイトはこちら/

RD-910

RD-911

 

まとめ

今回は、タニタの体組成計RD-910とRD-91の違いについて調査してみました。

私も現在体組成計の買い替えを検討している最中なので、筋肉量や筋質点数が分かるタニタの体組成計RD-910とRD-91はかなり気になります!

RD-910とRD-91は見た目が似ていますが、体重の測定単位や測定項目が異なるため、今回紹介した違いを参考にして商品を選んでみてくださいね。

タイトルとURLをコピーしました